ボタンを作る 1
応用・他
ここでは、ホームページや、HTMLなどで使用する、個性のあるボタンの作り方を紹介します。、このヘルプで使用しているボタン類は、全て「壁紙ツクール」で作成しました。
 ボタンには、英数字や日本語の文字を体裁良くはめ込む事ができます。
 .
クリックすると、このヘルプで使用したボタン例を表示します
このヘルプで使用したボタン例を表示
見本A 見本B 見本C 見本D
見本E 見本F 見本G
取り込み画面、線・角などへ
文字の設定へ
外観を作る
取り込み画面で作成する為、大きなサイズの画像は、作成できません。(500X450ピクセル以下)
「壁紙ツクール」には、サイズを指定して新規画像を作成する機能はありません。従って、適当な画像を詳細表示し、サイズ変更で、希望する大きさの画像を作成して下さい。次に角塗りで希望する色で塗り潰してください、以降ここでは、素材片(キャンパス)のサイズを300X260ピクセル、背景色を青色として説明します
 ボタンサイズの2,3倍の領域を設定して、取り込み画面を表示します。(領域複写画像の加工
ボタンのベースを作成
取り込み画面  角塗り
角塗りでベースを作成
ペン径   50X20
輪郭の色   黄色 
ペンの色   茶色 
ペンスタイル ペン
スタイル

 参照
外型マスクを作る
一旦取り込み画面を終了して加工・編集画面に転記し、別の位置に、2個複製します。
加工・編集画面
複製してから、外枠マスクを作成
 左の画像は縮小しています、
上 
 作成した、原形
 外枠マスク 
 現在の選択色 − ピンク
 REV で「色の差し替え」。
マウスポイント色 − 青(背景)

大きさを変える
作り直したり、縮小で大きさを変更できますが、複写でも、大きさを変える事が出来ます。(この方法で大きくすると画像の密度が保持されます)
加工・編集画面
縦を長くする 横を長くする
領域指定をしている画面 領域指定をしている画面
縦を長くしたボタン 横を長くしたボタン
領域複写で重ね合わせます。(拡大すると、合わせ易くなります)
体裁を良くする
立体感を付ける
加工・編集画面
白と黒線を描きこむ
 光は、左上方向 
 上と左部分
 透明度 20 直径 30
 3回程、重ね描きします
 .
黒線 右と下部分
 透明度 70 直径 30
 3回程、重ね描きします。
黒線、白線の濃度と直径を変えて、色々試してください。
外枠マスク
上で作った、外枠マスク
不要部分を排除
ピンク色を現在の選択色にして、透過の複写で、外枠マスクを重ねると、ボタン部分が残ります。
 注意  透明度は、0 です。
色を変える
取り込み画面
加工ツール − RGB切り替えで調整します。(取り込み画面では、部分の色調整ができます)
色を変えたボタン 色を変えたボタン
文字面マスクを作る
取り込み画面 色の差し替え
差し替え範囲を設定 現在の選択色を、ピンク色にしてから、左の様に範囲を設定。
範囲を設定した後、茶色(文字面)部分をクリック。
色の差し替えボックスの一部分 反転 チェックなし
許容範囲   0
に設定
差し替えられた、初期状態 文字面部分がピンク色に差し替えられます。
設定された、文字面 許容範囲を  40
に変更すると、差し替えられる範囲が広くなります。
「反転」にチェックを入れて、文字面マスクを作成 反転にチェックを入れると、外側が、塗り潰されます
作成された、文字面用マスク  加工・編集画面 
作成された、文字面用マスク
文字面の色を同じにする
加工・編集画面
上で作成した文字面用マスクを使用します。
ピンク色を現在の選択色(透過色)にして、透過複写します。
ピンク色は、画面から取得して下さい。ツール下から2番目))
 注意  透明度は、0 です。
文字面の色を統一したボタン
 .
背景色 青色
文字面の色を変更したボタン
文字面の色を変更したボタン
文字面の輪郭が目立つ場合、「立体感を付ける」前に、文字面の色変更して下さい。
tamakebtn_tdbttnGRreda.gif (633 バイト) 必要があれば、重ね合わせてた文字面の輪郭部分をぼかします。周囲で、4回ぼかしをします。





この頁の壁紙
この頁の壁紙
クリップボードへ、コピーの仕方
左の画像をマウスで右クリックすると、ポップアップメニューが表示されますので、更に「コピー」をクリックして下さい。