画面モード256色
     について
概要へ戻る
デスプレイ画面の表示色の設定は、できる限りハイカラー以上のフルカラーでご使用下さい。


 
 ----- ご注意  -------
 「壁紙ツクール」の内部では、24ビットの
フルカラーで処理していますので、16色
や256色画面でも、フルカラーの画像を
作成できますが、画面の表示可能数以上
の色数で表現できません。その為、内臓
パレットに無い色は、近似色に変えられ
ますので、イメージと異なる画像が表示
され、また、全く異なる色になる事もあり
加工や編集時、特に透過や色の差し替
等では、
「実際の色と表示色が異なる」
という注意が必要です。(これは、当然で
すが、作業中に思っている動作をしない
時には、この事を思い出してください)。
 
 編集・加工画面で、線・円・角・塗り等を
描く時に使用する色を、カラーボックスか
ら選ぶと、選んだ色と実際に描かれる色
と異なる色(近似色)になる事があります。
 
 従って、透過複写や透過のはめ込みを
する時に、描いた色のままですると透過
にならない事がありますので、透過する
場合には、透過色を画面の画像から色を
 取得して下さい。               
 
 他の画像ソフト等と同時に表示・操作す
ると、ハードパレットに変えられて、白色し
か描けなくなる事があります。この様な
場合には、一旦終了して下さい。     
 
  壁紙ツクールのデザイン色も、256色
の画と、ハイカラー以上の画面とは配色
が異なります。            
,   
.
 256色画面では、画像追随モードの時、
デサ(誤差拡散)されます
ので、きれいな
画像で鑑賞できます。            
 
 16色画面では、非圧縮のBMP画像でも
一部読めない画像があります。  
     
できる限り、ハイカラー以上のモニタ画面
で、ご使用下さい。               
.

 256色互換モード(WINDOWS XP)では、使用できません。
又、画面の表示モードを切り替える時には、必ず「壁紙ツクール」は、終了して下さい。


.

 この頁の壁紙
この頁の壁紙
クリップボードへ、コピーの仕方
左の画像をマウスで右クリックすると、ポップアップメニューが表示されますので、更に「コピー」をクリックして下さい。