一括メニュー画面
 この画面は、スタート後最初に開いて、「ファイル選択画面」が表示されると自動的にタスクトレイに収まる、統括画面です。
 「ファイル選択画面」「画像一覧画面」「詳細表示画面」を
隠した時には、このメニューから呼び出します

プログラムの終了はこのメニューからしかできません。
...
ファイル選択画面
 ファイルの選択画面です。
 
ファイルサイズ,日付けとスライドビュの設定は、右上 <>
のボタンを押すと、
伸長形式で現れます。

 ファイルのソートは、
アルファベット、格納サイズ、日付けの各正・逆順の並ベ替えができます。

 ファイルリストの順位の変更ができますので、
スライドビュの表示順位の変更ができます。(連番の順位変更は「画像一覧」の画面でします)

 画像編集時の取り込み画像の選択にも使用します。

ポップアップメニュー
   フォルダの呼び出し、登録
...
画 像 一 覧 画 面
 この画面には以下の様な機能があります。
● 縮小画像の一覧表示(20駒固定)
● 
表示順位の変更
● 
ファイル名の変更(変更の保存が必要)
● 
一連の番号に変更
    ページ単位、全ページ単位、選択ファイルのみ等。
    重複名の禁止、使用中の最大番号の自動検出等。
● 類似画像の比較、削除。
● 保存画像の選択。

◎ 画像追随枠固定画像の選択
◎ 編集画像の取り込み

ポップアップメニュー
    ファイルの選択、取り消し
    連続番号の設定
..
詳細表示画面
 この画面には、画像追随画面と、枠固定の画面があります。ポップアップメニュー又は、ショートカットキー F4,F5切り替える事ができます。

共通の動作
 画面
全体のファイルへの保存、クリップボードへの複写。
 
拡大、縮小の任意部分の保存、クリップボードへの複写。
 
1秒又は2秒の前面表示から背面への自動移動。

画像追随画面の時
 画像の縮小、拡大。
   
縮小は 0.05倍迄でステップ方式。
   
拡大は、250倍迄で範囲指定方式。
       拡大画像は、
画像登録でワン操作で呼び出せ
       ます。
(例えば、Aの部分と、Bの部分と、Cの
       部分を交互に見る時には
瞬時に切り換えて見
       る事ができます。)


枠固定画面の時
  この画面は、
枠設定」の画面によって、多彩な表示をし ます。(詳細は、各操作の説明欄を参照して下さい。)

 枠サイズに合わせて、1枚の画像を表示。
 以下は「壁紙ツクール」独特の表示です  
 2枚から50枚の画像を普通に並べて表示。
 2枚から50枚の画像をブロック壁スタイルに並べて表示。
 縮小、拡大しないで、通常に並べて表示。
 新規作成用に、白紙のタイル画像。
 縮小した「素材片の保存」。
 など。

 
いずれも縮小、拡大表示が可能。
   
縮小は、0.05倍迄で、ステップ方式。
   
拡大は、約25倍で範囲指定方式。
      (拡大画面は、
編集加工画面で別の画面。)

ポップアップメニュー
   前面表示、背面表示の切り換え
   前面表示、1秒・2秒の切換
   画像追随、枠固定の切換
   全体、部分の保存
   画面を隠す
   背面への移動
   
   画像追随の時 − 部分画像の登録、呼び出し

   枠固定の時  −  素材片画像の保存 
.
 その他の補助画面
.
スライドビュ画面
 ファイル選択画面のスライド設定の「開始」ボタンを押すと現われ、終了すると消えます。

 スライド画面はカーソルキーで拡大、縮小ができます。

 スライド切換時間は、ファイル読み込み時間を省いて、
 0.01秒から、9.9秒迄で、
0.01秒以下の「MIN」と
 
無限時間 「Inf」の設定もできます。

 
一回モードと、繰り返しモードがあります。

 
画像追随と、枠固定の表示ができます。
.
固定枠設定画面
 詳細表示画面の固定枠の設定をします。
 固定枠の大きさの設定。
 画像の表示方法の設定など
.
加工・編集画面

画像取り込み画面

保存画面

画像比較画面

その他
..
..
..

 この頁の壁紙
この頁の壁紙
クリップボードへ、コピーの仕方
左の画像をマウスで右クリックすると、ポップアップメニューが表示されますので、更に「コピー」をクリックして下さい。