健康茶の飲み方

古くから植物には、自然治癒力を高める効果があるということが知られており、葉、茎、皮、花、種、実、根などを乾燥させて湯で煎じて飲む「健康茶」が、民間療法として長い間親しまれてきました。


最近は健康指向がブームとなり、さまざまな健康食品が人気となり、中でも健康茶は、原料が天然成分で作られているため、クスリのような副作用もなく、安心して使えるうえに、コストも比較的安いのが魅力です。


健康茶は、植物の成分を湯や水で抽出したものですから、 クセの強いものもたくさんあり、多少飲みづらいものもあるため、好みが分れるものです。


一般に、健康茶に含まれる有効成分は、煮出す事でお湯に抽出されるので、ほとんどの健康茶は、煮出しをして飲むのが普通です。


使用する原料によっては、ドクダミ茶などのような茶葉は、沸騰したお湯に浸すだけで成分が抽出されるものがありますが、ハトムギ茶のような種子のものは、水に入れて火にかけ、時間をかけてじっくりと抽出しないと有効成分が押出されないものもあります。


最近は急須やカップに直接お湯を注ぐだけでよい便利なティーバッグ・タイプの健康茶も増えていますが、このタイプも煮出すことで、もっと多くの成分を抽出することができます。


暑い夏では、お好みの濃さに煮出した健康茶を冷蔵庫で冷やして、アイスティーとして楽しむのも良いでしょう。


また、飲みにくい健康茶には蜂蜜や砂糖、ガムシロップ、レモン、ミルクなどを好みに応じて加えるのも良いのですが、合わないものもありますので注意が必要です。


ヤカンよりも鍋を使う

健康茶を煮出す時に、番茶を入れる要領でヤカンを使う人も多いのですか、できればこれは避けたい方法です。
なぜならば、水道水を沸騰させる場合、口が広いほうが水道水に含まれる不純物を排出させやすいからです。
また、健康茶を飲む度にいちいち煮出すのは面倒です。
毎日飲み続けることが大切な健康茶ですから、大きめの鍋を使えば、ヤカンよりもたくさんのお茶を一度に煮出すことができて、とても便利です。


煮出せば煮出すほどいいの?

健康茶の中には、ビタミンCなどのように熱に弱い成分も含まれていますが、多くの健康茶は煮出せば煮出すほど有効成分が抽出されると考えてよいでしょう。
しかし、日本茶や紅茶でもそうですが、あまりにも長い時間煮出すと、苦味や渋味も強くなります。
“良薬は口に善し”といいますが、健康茶の“効き目と“飲みやすさ”は反比例していることが多いので、自分の好みの加減に調整して飲みましょう。


茶菓は短時間、種子はよく煮出して

これも一概にはいえませんが、植物の葉や花などで作る健康茶は、5〜10分程度で抽出できるものがほとんどですが、植物の種子や根茎など、固い原料や大きく、厚さのある原料で作る健康茶は、比較的よく煮出すものが多いようです。
また、どんな健康茶でも二煎、三煎と利用する場合は、有効成分があまり抽出されませんので煮出す時間を長くしましよう。


健康茶の飲み方