枠塗り
枠固定
..
枠塗りボタン 枠塗りボタン
枠塗り設定ボック
 部分画像の内側または、外側を透過にして、加工・編集画面にはめ込みたい時に使用します。
 このツールを左クリックして選択した後、選択したボタンを右クリックすると、下の様な、設定ボックスが、開きます。
 このボックスを、マウスでドラッグすると、表示位置を移動出来ます。
枠塗り設定ボックス
円・楕円形状の枠塗りボタン
円、楕円の外塗り・設定
 円や楕円の形状ではめ込む時に使用します。
 .
ポリラインの枠塗りボタン
ポリライン外・内塗り・設定
 多角形の形状ではめ込む時に使用します。
 描画開始  始点を、マウス左ボタンでクリックして下さい。
 。
 次の頂点迄の線の描画   次の頂点を、マウス左ボタンで
      クリックしてください。頂点迄の線が描かれます。
 
 更に次の頂点迄の線の描画  同様に、マウス左ボタンで
     次の頂点をクりックします。
頂点を結ぶ線が描かれます。
       ・・・・・  繰り返します。・・・・
 
 描画終了  多角形の線を描画し終えると、右ボタンを押
      て下さい。終点と始点は自動的ぬ結ばれます
ペンの形状
枠設定の、ペンスタイル設定ボックス このボックスで、ペンスタイルを設定します。
 
 .
 操作方法 

参照 ペンスタイルの設定

外側の塗り幅の設定
 ◎ 通常の幅で塗りつぶす
 ○ 最小の幅で塗りつぶす
 ○ 外側全体を塗りつぶす
塗り幅は、ペンの太さ二よって変わります
円・楕円の塗りつぶされる範囲
現在の選択色
青色
通常の幅で塗りつぶす  
最小の幅で塗りつぶす
外側全体を塗りつぶす
円楕円・塗り範囲設定・通常 円楕円・塗り範囲設定・最小 円楕円、塗り範囲設定・全体
複数個所を指定できます。
円又は楕円の外側より少し大きい四角との内部を塗りつぶします。
複数個所を指定できます。
円又は楕円の外側の最小の四角との内部を塗りつぶします。
1ヶ所を指定する時に使用します。
円又は楕円の外側全体を塗りつぶします。
  上の例は、いずれもペンの太さ、1の時です。
  ペン幅が、太くなれば、枠幅も広くなります。
 .
多角形の塗りつぶされる範囲
現在の選択色
水色
通常の幅で塗りつぶす
最小の幅で塗りつぶす
外側全体を塗りつぶす
ポリ、塗り範囲設定・通常 ポリ・塗り範囲設定・最小 ポリ、塗り範囲設定・全体
複数個所を指定できます。
多角形の外側より少し大きい四角との内部を塗りつぶします。
複数個所を指定できます。
多角形の外側の最小の四角との内部を塗りつぶします。
1ヶ所を指定する時に使用します。
多角形の外側全体を塗りつぶします。
 上の例は、いずれもペンの太さ、1の時です。
 ペン幅が、太くなれば、枠幅も広くなります。
はめ込み例
多角楕円合成例多角楕円合成例多角楕円合成例
多角楕円合成例多角楕円合成例多角楕円合成例
この画像は素材片を並べて表示したタイル画像です(詳細画面の一部)

塗る色・境界色
境界の色を設定 境界色を、透過にするか、色を指定するかを設定します。
ペン幅が、1の時には、意味がありません。
 。
取り込み元の画像にチェックをいれると、領域指定した、画像で、塗られます。
◎ 現在の選択色  
   境界色指定なし
◎ 現在の選択色  
   境界色指定あり
境界色なし・取り込み画面
現在の選択色
 黄色 ■■
境界色なし・加工編集画面 透過はめ込みをした、加工・編集画面
境界色黄色指定・取り込み画面
現在の選択色
 橙色 ■■  境界色 白
境界色黄色指定・加工編集画面 透過はめ込みをした、加工・編集画面
 ペンの太さ、1の時には、境界の幅は、ありません。
取り込み元の画像
このチェックボックスにチェックを入れると、領域指定した範囲の画像がはめ込まれます。境界は、透過で濃度配分されます。
取り込み元の画像で塗りつぶした画像例 取り込み元の画像=このページの背景画

輪郭部分の画像が、ペンスタイルに応じて、徐々入れ替わります
この設定ではめ込むと、元の画像に、自然な感覚ではめ込まれます。

  ○ 内側を塗る
  ◎ 外側を塗る
内側を塗る
 この設定は、素材片全体を取り込んで、一部分を透過にして画像を残したい時に使用します。
内塗り(内側を透過)で貼り付けた画像 全体に模様を描き込んで、内側を透過にして、貼り付けた画像例
(内部をくり抜いた貼り付け)
外側を塗る
内側を塗る、外側を塗るは、輪郭の向きが違います。
加工・編集画面の画像と、取り込み画面の画像を入れ替えて編集すると、同じ結果の画像(輪郭の向きのみ異なる)が得られます。

輪郭の種類
◎ 普通
 通常の輪郭です。(変更できません)


..

この頁の壁紙
この頁の壁紙
クリップボードへ、コピーの仕方
左の画像をマウスで右クリックすると、ポップアップメニューが表示されますので、更に「コピー」をクリックして下さい。