画像の3次元表示 概観 1
(3D SCOPE light)
加工編集画面
概観  2
 画像を、3次元的に表示するツールです。
 3次元的に表示すると、
画像の滑らがさ・画像の構成・画像品位・電子透かしなどの隠蔽データの存否・プリンター、FAXデバイスの互換データ等色々と、画像の特徴を調べる事が出来ます。
3D SCOPE 表示中は、編集機能は使用できません。(lightの場合)
.
外観
3D SCOPE パネル
画像の詳細は、実際の画面を参照して下さい
.
表示可能サイズ
MaxSize 300x200Pixel
 最大幅   横幅  300ピクセル  /  縦幅  200ピクセル
 最小幅   縦・横  30ピクセル
.
画像形式
3D SCOPE Pro 共通
BMP形式  -  2色、16色、256色、16ビット、24ビット、32ビットRGBエンコード画像
   ● 圧縮画像は、読めません。
   ● 全て、24ビットフルカラー画像に変換しています。
   ● 加工・編集は全て24ビットで処理し、かつファイルのデータを、
     直接読んでいる為、モニタ画面の色数が、256色・16ビットでも
     正確に表示されます。
   ● モニタ画面が16色では、一部の16ビット画像は読めません。
      (一覧画面に表示出来ない為)
その他の画像形式(ico,cur,jpg,gif,wmf、圧縮bmp)
 
  ● モニタ画面は24/32ビットのフルカラーで使用して下さい。
ビットマップ形式以外の、画像は、一旦モニタ画面のパレット数に変換してから、24ビットのフルカラーに変換しています(デバイス依存)。従って、正確に表示する為には、モニタ画面は、フルカラーが必須です。
(例えば、JPG形式の画像は、モニタ画面の色数が16ビットであれば、16ビットに変換され、正確に表示できません。)
 やむお得ず、
16ビッや256色の色数のモニタ画面で使用する場合には、他のソフトで24ビット又は、32ビットの非圧縮BMP画像に変換して下さい。(今後のバージョンで直接読めるようにします。)
.
・垂 直
POS
垂直位置調整 
 スライドツマミをスライドさせるろ、3D表示画像は上下に、移動します。
SPAN
走査間隔調整
 画像の横1ピクセル列を1本の線で表現し、この1本の線を走査線といいます。
 画像の縦のピクセル数分、走査線があり、【SPAN】のスライドツマミを調整して、走査線の間隔を広げたり、重ねあわせたり出来ます。
GAIN
振幅調整
 画像の赤、青、緑の各要素の濃度を振幅で表現しています。
 ”0”の暗レベルは下方向、”255”の明レベルは上方向です、(この方向は固定です。)
スライドツマミを動かすと、振幅(濃度差)を調整出来ます。
.
H・水平
3D SCOPE Pro 共通
3D表示画面の横幅と画像の横幅は同じになる様に、自動的に拡大又は縮小されて表示されます。 −− 初期の表示状態
POS
水平位置調整
 スライドヅマミを動かすと、走査を開始する画像のピクセル値が変更され、3D画像が左右(水平方向)に移動します。
 変更範囲  −− 
画像の横幅に相当する、ピクセル値
横幅の最大ピクセル値を超えると”0”のピクセル値から表示されます。
MAG
水平拡大
スライドツマミを調整すると、走査開始位置(左端)を基点に横幅を拡大します。
 初期の表示状態で、既に拡大又は縮小されていますので、
【MAG】
は、初期の状態に対する拡大
です。縮小は出来ません(あまり意味がないので)。
SHIFT
各走査線の走査開始位置変更
スライドツマミを調整すると、上下の走査線の位置を、”ずらせる”事ができます。上下の走査線が重なるときに”ずらせ”たり、【SPAN】で走査間隔を拡大して、異なる位置の画像要素を比較したい時に使用します。
.
3次元表示画面 トリガ調整 色選択ボタン
ノーマルモー−ドの3次元表示
ノーマルモードの3次元表示画面
横ピクセル目盛は、1ピクセルで目盛られ、目盛が重ならない程度の【MAG】で拡大された時表示されます。(常時表示されません
 横ピクセル目盛が表示されているとき、この画面をマウスで右クリックすると、クリックした位置に目盛が表示されます。
画像品質評価モードの3次元表示
品質評価モードの3次元表示画面
横軸ピクセル値は、【MAG】の拡大によって、表示される数値の間隔が変わります。
この3次元画像は、色要素の255値を【Top】、0値を【Bottom】として、横のピクセル列の各ピクセル濃度を振幅で表現し縦のピクセル数分を重ね合わせたものです。
 【H・POS】により、水平走査開始位置が変更され、3次元画像は左右にスクロールします。
 画像の名称は、【画像一覧】で表示されている画像のタイトルです。
 画像の色数は、原画像の色数でBMP画像の時表示されます。
R
 BMP画像を構成する、赤色、緑色、青色の要素を選択するボタンです。(複数の選択はできません。)
Yボタンを押すと明るさ成分が、3次元表示されます。(各要素の視覚明度割合を換算した一般の計算式による)。今後のバージョンでは、この【Yボタン】は廃止又は、変更します。
トリガ調整
 縦軸の走査開始ピクセル値を変更します。
 走査線は、上下にスクロールするので、通常モードで表示された3次元画像は、任意の上下の位置を表示できます。3D SCOPE ぃghtでは、品質評価モードの時には変化しません。
概観 2

この頁の壁紙
この頁の壁紙
クリップボードへ、コピーの仕方
左の画像をマウスで右クリックすると、ポップアップメニューが表示されますので、更に「コピー」をクリックして下さい。