クリップボードと画像品位_
画像一覧
クリップボード画像
 特にパレット数が、16ビット以下のモニタ画面で使用されている方へ。
 壁紙ツクールは、モニタ画面が、256色や16ビット画面でも、24ビットのフルカラーで画像をクリップボードを経由して、受け渡しできます。
 フリーで配布されている、ペイントソフトの多くが、フルカラーで授受できませんので(これを機に、今後は改善されるでしょう?)、256色や16ビットのモニタ画面で、画像をクリップボードで受け渡しする時には、注意が必要です。
 
苦労して作成した画像も、一度品位を落とした画像は元に戻せません。(注意して使いましょう)。
(尚、製品として販売されているソフトは、"キチン"ど対応している様ですが、念の為確認しておくと、安心して、使用できます。)
 画面キャプチュアをした画像は、モニタ画面の色数に限定されます。
 他のソフトで画面キャプチュアをフルカラーで取り込みたい時には、モニタ画面は、24ビット以上の色数に設定して下さい。
<<  参照    画面キャプチュアと画像品位    >>
<<  参照    画面キャプチュア    >>
.
画像品位
表示方法等の詳細は、3DSCOPE参照>
フルカラー (24/32bit)
ハイカラー(16bit)
256色(System)
24・32ビットの画像品位 16ビットの画像品位 256色システムパレットの画像品位
フルカラーでは、256段階の色が全て使用されており、16ビットでは通常32段階、256色では近似色となっている状態が表示されています。
 クリップボードは、モニタ画面と独立している為、モニタ画面の色数が256色や16ビットでも、フルカラーで受け渡しができます
 しかし、ペイントソフトによっては、モニタ画面に依存している場合、
せっかくフルカラーで画像を渡してもフルカラーで受け取れないフルカラーで描かれた画像、加工した画像も、クリップボードにフルカラーで転送できないソフトが多くあります。
 
マイクロソフトがOSに付属している、[ペイント][フォトエデタ]等は、フルカラーで受け渡しできます。(但し、全てを確認していません。)
フルカラーで受け渡し出来ないペイントソフトでは、折角の高品位で真のフルカラーの画像も、クリップボードを経由した為、画像品位を落としてしまうのです。(画面の画像を見ても容易に判別できません)
この機会にご愛用の、ペイントソフトや加工ソフトを、調べると、その他描画品質・加工品質など以外な事が分かります。
フリーソフトではその
特徴を知っておけば、目的に応じて有効に使い分けができます。
.
 使用している画像ソフトの、
クリップボードの画像品位、判別方法
 モニタ画面をパレット数16ビットに設定して下さい。_
 ウインドウズの「デスクトップのプロパティ」・「設定」で画面の色・パレット数を、16ビット又は256色に設定して下さい。次にウインドウズを一旦終了して、再起動して下さい。(ウィンドウズの再起動は念のため、特に必要ではありませんが、「壁紙ツクール」は必ず終了して下さい。)
 次に 壁紙ツクールを起動します。(スタート画面下に、16ビット、または256色と表示されます)
   壁紙ツクール添付のサンプル画像をフォルダー選択し、画像一覧を表示します。
  注意  256色互換モードでは、「壁紙ツクール」は使用できません。

簡易テスト用画像
 ここで使用する、簡易テスト用画像です。
テスト用画像  (この画像をコピーして下さい)
この画像は、「壁紙ツクール」でフルカラーで編集し、256色で保存し、市販のペイントソフト「ペイントショップ プロ」でGifファイルに変換しました。
←  左の、この画像を、右クリックするとクリップボードにコピーできます。
赤色画像品位 緑色画像品位 青色画像品位
テスト画像の赤色画像品位 テスト画像の緑色画像品位 テスト画像の青色画像品位
上の画像を、クリップボードにコピーして、「画像一覧」末尾の画像枠の「クリップボードの画像詳細画面に表示し、更に加工・編集画面3D SCOPEを表示すると、上のような画像品位を確認できます。
(この画像品位の表示は、縮小している為、実際とは異なります。
以降、実際の表示を参照しT下さい)
使用している他のペイントソフトが
フルカラーで受け渡しができるかを調べる
他のペイントソフトで、このクリップボードの画像を受け取り、続けて、受け取った画像をコピーし(通常、新規画像に貼り付け)、もう一度、受け取った画像をクリップボードに複写し直してください。
「壁紙ツクール」の「画像一覧」の末尾枠、【クリップボードの画像】をクリックして、詳細画面に表示して、以降同様の操作で、3D SCOPE青色(緑色でもよい)画像品位を表示してください。
  画像品位を表示__
フルカラーで受け渡しできる品質 フルカラーで受け渡しできなかった画像品位 フルカラーで受け渡しできなかった画像品位
フルカラーで受け渡しができた画像品位 フルカラーで受け渡しが、できなかった画像品位例。   (左の画像品位以外)
   注意      チェックする他の画像ソフトにおいて、このテスト画像を256色として、クリップボードにコピーされておれば、このテスト画像で、フルカラーのチェックはできません。32ビットのサンプル画像を使用して下さい。
受け渡しが出来た場合
  このテスト画像は、256色画像です、従って、画像サンプルに半円で同様の 32ビットフルカラーの画像 【CLIPTEST.BMP】がありますので、このフルカラーの画像を、ご使用の他のソフトで読んで、壁紙ツクールに渡したり、壁紙ツクールから受け取って、ファイルにフルカラーで保存して、保存した画像を評価して確認しておくと、モニタ画面が256色や、16ビット画面でも、安心してクリップボードをフルカラーで使用できます。
尚、
上のテスト画像やサンプル画像を「壁紙ツクール」でフルカラーで保存すると、24ビットのフルカラーの画像ファイルを作成できます。(サンプル画像が読めない時)
受け渡しが出来なかった場合
  この場合では、受ける事ができないのか、渡す事が出来ないのか、両方共できないのか判別できません。(渡す事が出来ない場合が多い)
  従って、それぞれの場合につぃて調べます。
受け取る事ができるかを調べる
  上のテスト画像を、クリップボードにコピー、使用されている他のペイントソフトで受け取り(新規画像に貼り付け)、フルカラーで保存してください。
 
保存した画像を、「壁紙ツクール」で読んで、3D SCOPE で表示して、上の品位表示例のルカラーの品位が得られれば、フルカラーで受け取る事ができます
上の画像品位表示例の
フルカラー以外の品位であれば、フルカラーで受け取れないので、クリップボードを使用する場合には注意が必要です。
  念の為、
上のテスト画像は、256色画像の為、画像サンプルの【CLIPTEST.BMP】のフルカラーの画像を「壁紙ツクール」
で読み、「壁紙ツクール」から
リップボードにコピーて渡し、他のソフトでクリップボードの画像を貼り付けてフルカラーで保存し、同様に、フルカラーの品位が得られれば、クリップボードの画像をフルカラーで受け取る事ができます。
渡す事が出来るかを調べる
  クリップボードにフルカラーで渡せる(コピー出来る)がを調べます。
  使用される、他のペイントソフトで、「壁紙ツクール」に付属しているサンプル画像の【CLIPTEST.BMP】の画像ファイルを読んで下さい
  読んだ画像をクリップボードにコピーし、「壁紙ツクール」の「クリップボードの画像」を、3D SCOPE で画像品位を表示して下さい。
  上の画像品位表示例のフルカラー以外の品位であれば、フルカラーで渡せない(フルカラーでクリップボードにコピー出来ない)ので、クリップボードを使用する場合には注意が必要です。
  この様にして、クリップボードに対する画像品位を調べておくと、安心してクリップボードを利用できます。
  苦労して作成した画像も、一度画像品位を落とすと、元の品位に戻すことが出来ません。

   フルカラーの表示であっても画像品位が真のフルカラーで無いからです。
  24ビット、32ビット、使用色数**、フルカラー等という表示だけでは、真のフルカラーであるかわからないのです。(画像を見ても容易に、判別出来ません)
  「壁紙ツクール」の、256色変換は高品位である為、画像品位の表示だけでは、フルカラーと区別できません。タイトルバーに表示されるビット数を確認して下さい。
<<   参照   サンプル画像が読めない時  こちら   >>
<<   参照     他のペイントソフト等で、クリップボードに
          コピーした 画像が読めない     >>

この頁の壁紙
この頁の壁紙
クリップボードへ、コピーの仕方
左の画像をマウスで右クリックすると、ポップアップメニューが表示されますので、更に「コピー」をクリックして下さい。